最新のトラックバック
【感想紹介】Populo..
from 川瀬浩介 blog 生きる。
[1日目] 2006/0..
from 俺の旅ログ
杉本博司 時間の終わり展
from PUYAN'S BLOG ~..
"街"あるいは"都市"の..
from 〜Double Rainbow〜
和辻・オギュスタンベルク..
from 日々これケセラセラ
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
0 3 7 7  オラファー・エリアソン 
c0006990_9593630.jpgThe weather project 2003
Olafur Eliasson

原美術館、オラファー・エリアソン「影の光/Your Light Shadow」展へ。今日が会期終了日、しかも日曜とあって館内はとても混雑していた。《美/Beauty》などはもっと人が少ない静かな状態で鑑賞したかったけれど、鑑賞者が知覚し経験することではじめて成立するエリアソンの作品は、おそらくある部分で他者=自分以外の鑑賞者の身体存在を、作品の知覚プロセスにおけるひとつのてがかりに据えているのだ。特にテートモダンでの《The weather project》や今回出展されている《単色の部屋と風が吹くコーナー/Room for one color and Windy corner》などでは、他者の身体のシルエットは作品の知覚に欠かせない。人間の身体の存在もそもそも風景の一部だ。鑑賞者は自己の意識のみならず、いま自分の周りに展開している現象を共有する他者の意識にまで間接的にコミットしながら、目前の状況に向き合っていく。そのとき初めて、現象が環境として理解されていくのだ。

その後、グンナール・アスプルンド展前川國男建築展などをめぐる。前川展も今日が会期終了で、まるでルーブルのモナリザに匹敵するような混み様だった。
[PR]
by frdmoptn | 2006-03-05 20:45
このページの一番上へ

Copyright © OSADA,Tatsuro. All Rights Reserved. Top