最新のトラックバック
【感想紹介】Populo..
from 川瀬浩介 blog 生きる。
[1日目] 2006/0..
from 俺の旅ログ
杉本博司 時間の終わり展
from PUYAN'S BLOG ~..
"街"あるいは"都市"の..
from 〜Double Rainbow〜
和辻・オギュスタンベルク..
from 日々これケセラセラ
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
0 5 6 4  jan.26 
c0006990_21454186.jpg
The PALACE Urban Resort & Spa

第四課題の講評会を終えて、やっとひと段落。今回はA1×11枚、全面的に久々の手書きドローイングで攻めたので、そのおかげで、久しく忘れていたつくりあげることの微細な感触を再自覚。

春からは弟と部屋をシェアするので、今日は新しい物件探し。住み慣れた笹塚から、京王線を少し下って調布の街へ。新しい部屋からは、遠くに新宿の高層ビル群が眺められます。少しづつ部屋の荷物をまとめながら、2月からは急遽某事務所でアルバイト。

早いもので芸術学校も2年間を終了。最後の一年もがんばりたいと思います。

以下、第四課題マニフェスト。

***
背反するあらゆる意味性が対峙する界面。
石垣とはある種の「ギャップ」である。

アクシデント : 
石垣の一部分が、あるときうらおもてを180度ひっくり返されて設置しなおされた。

どうやらこれでやっと、僕はこの場所で構築をはじめることができる。

相殺され真空化され、厳密に水平となった場の意味のグラジエント。
そこに湧き出るあたたかいみず、架け渡されるつめたいオブジェ。
[PR]
by frdmoptn | 2008-01-26 22:01
このページの一番上へ

Copyright © OSADA,Tatsuro. All Rights Reserved. Top