最新のトラックバック
【感想紹介】Populo..
from 川瀬浩介 blog 生きる。
[1日目] 2006/0..
from 俺の旅ログ
杉本博司 時間の終わり展
from PUYAN'S BLOG ~..
"街"あるいは"都市"の..
from 〜Double Rainbow〜
和辻・オギュスタンベルク..
from 日々これケセラセラ
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
0 5 6 9  卒計展ギャラリートーク 
c0006990_0184194.jpg

新宿パークタワーOZONE、芸術学校卒計展へ。

18時から鈴木了二×赤坂喜顕のギャラリートーク。直前になると混んでくるので、16時すぎに会場へ。我ながら少し早すぎたけれど、すいているうちにじっくり一通りの展示を眺めておく。途中、僕らのOBでザハ事務所出身の早野洋介氏を紹介していただき、ご挨拶。新学期から週一で僕らの設計を見てくれることになっている。

18時を少し過ぎて、学生を中心に100人くらい集まったところでギャラリートークがスタート。オーセンティックな建築批評を加えていく赤坂先生と、独特の視角でピンポイントに切り込んでいく了二先生の批評は、いつもながらなんとも絶妙な両輪だ。

個人的には、切妻のコンテクストを再解釈した案、それに実質上の芸術学校「4年」にあたる、ADRS(建築計画研究科)のミュラー邸研究などが興味深かった。ギャラリートーク終了後、気になった作品をもういちど見てまわる。先生方にいくつかアドバイスと来年への激励の言葉をいただき、20時半すぎに会場を出る。

外へ出ると雪が強くなっている。巨大な高層ビルの谷間にうまれる複雑なビル風のせいか、雪はやけに異様な軌跡をえがいて舞い上がる。札幌でもなかなかみなかった光景。

事務所の方は、今日から月曜までの3日間お休みで、連休明け火曜から再開。久々にゆっくりできるのでいくつか本でも読みたいが、引越にそなえてそろそろ部屋の荷物なんかをまとめはじめなければいけない。
[PR]
by frdmoptn | 2008-02-09 22:55
このページの一番上へ

Copyright © OSADA,Tatsuro. All Rights Reserved. Top